活動報告

災害支援

災害支援

被災地でハーブティーサロンや子ども会を開催!全青協では、国内外の被災された方々、特に子どもを中心として物心両面での支援を行っています。...

災害支援

あおぞら奨学基金

みなさまからの支援が、被災地高校生の「いま」を支え、「未来」をつくります。 あおぞら奨学基金への募金と高校生サポーターを募集しています。 ...

海外こども支援

ぴっぱら国際児童基金

インドをはじめとするアジアのスラムや路上で暮らす子どもたちを対象に教育・福祉の支援を行なっています。現在、活動に賛同し、子どもたちを応援していただける「チャイルド・サポーター」を募集しています。...

お寺と社会の協働

寺子屋教育

全青協では青少幼年をはじめとする全ての人々を対象に、学校教育とは異なるオルタナティブ教育として寺子屋教育活動を実施しています。...

お寺と社会の協働

臨床仏教研究所

仏教者に教育・福祉・医療等の分野において、現場で関わる際に必要な方途を学んでいただきます。...

お寺と社会の協働

加盟教団教化部門代表者会議

京都、花園の臨済宗妙心寺派宗務本所に12教団の教化担当者等が集い、少子高齢化や寺院の檀家離れなど、現代の諸相に即した教化について検討が行われました。会議は今後も関東と関西で交互に行い、年2回の開催を予...

2007.11.08(木)~09日(金)

青少年の教化育成

「寺子屋NPOプログラム」始動!!―えどがわ子どもおんぶず―

全青協では、平成12年度から、本誌誌上やフォーラムなどを通して「寺子屋NPOプログラム」を提唱してきました。これは、寺院が場を提供し、地域社会と協働しながら青少年の居場所などのNPOを運営しようという...

2006.07.20

青少年の教化育成

第8回「引きこもりからの旅立ち―Part3―」

「ひきこもる若者たち」をテーマに、7月20日海の日に『home』上映会とライブトークを山陰の片田舎、鳥取県東伯町・まなびタウンとうはくで開催しました。人口一万二千人の小さな町のイベントとしては、170...

2006.03.18

青少年の教化育成

第10回「子どもは大人のパートナー―いじめ、虐待、少年犯罪の...

ここ数年、子どもへの虐待が顕在化し深刻な社会問題になっています。 児童虐待は子どもたちの人権を否定し、長期にわたって生命を脅かす危険な問題で、社会全体で早急に取り組まなくてはならない課題です。 そこで...

2005.08.01~2005.08.03

青少年の教化育成

寺子屋サマースクール2005

サマースクールは、「共生(ともいき)」をメインテーマに、ほとけさまのおしえをききながら、お坊さんや大学生のおにいさんおねえさんといっしょに、まいとしやっています。 ことしも、サマースクール2005をや...

2003.08.01

青少年の教化育成

寺子屋サマースクール2003「お寺で平和を考える!」

サマースクールスタッフ・久保田永俊 テーマ 寺子屋サマースクール2003年の開催テーマは、ズバリ「共に生きる」でした。このテーマの根底には、2001年のアメリカ合衆国におけるニューヨーク同時多発テロ事...

2003.03.29

青少年の教化育成

第7回「引きこもりからの旅立ち―Part2―」

全青協では、通算で第7回目となる「教育セミナー21」を、去る3月29日に東京・中央区の築地本願寺で開催した。本セミナーは、21世紀の教育のあり方について、世間的な既成概念にとらわれない自由な発想で考え...

2016.09.13

活動者の養成・顕彰

第41回正力松太郎賞

趣旨 正力松太郎賞は、全青協の事業目的である青少幼年の育成活動に常日ごろ尽力し、社会の情操教育振興に努力している個人・団体を顕彰するために贈られます。 この表彰は、青少年教化活動を飛躍的に発展前進させ...

2016.07.07

活動者の養成・顕彰

第40回正力松太郎賞の受賞者が決定いたしました!!

昨年9月から12月まで公募いたしました「第40回正力松太郎賞」の受賞者が、3月29日に開催された選考委員会にて決定いたしました。 今回は、本賞2件、青年奨励賞1件、40回を記念しての特別賞であります児...

2015.09.16

活動者の養成・顕彰

第40回正力松太郎賞

趣旨 正力松太郎賞は、全青協の事業目的である青少幼年の育成活動に常日ごろ尽力し、社会の情操教育振興に努力している個人・団体を顕彰するために贈られます。 この表彰は、青少年教化活動を飛躍的に発展前進させ...

2015.04.28

活動者の養成・顕彰

第39回正力松太郎賞の受賞者が決定いたしました!!

昨年9月から12月まで公募いたしました「第39回正力松太郎賞」の受賞者が、3月31日に開催された選考委員会にて決定いたしました。 今回は、本賞2件が授賞となりました。青少幼年を取り巻くさまざまな社会問...

活動者の養成・顕彰

第40回正力松太郎賞

正力松太郎賞は、全青協の事業目的である青少幼年の育成活動に常日ごろ尽力し、社会の情操教育振興に努力している個人・団体を顕彰するために贈られます。...

2014.09.18

活動者の養成・顕彰

第39回正力松太郎賞

趣旨 正力松太郎賞は、全青協の事業目的である青少幼年の育成活動に常日ごろ尽力し、社会の情操教育振興に努力している個人・団体を顕彰するために贈られます。 この表彰は、青少年教化活動を飛躍的に発展前進させ...

海外こども支援

ぴっぱら国際児童基金

インドをはじめとするアジアのスラムや路上で暮らす子どもたちを対象に教育・福祉の支援を行なっています。現在、活動に賛同し、子どもたちを応援していただける「チャイルド・サポーター」を募集しています。...

2015.11.19

海外こども支援

すべての子どもの幸福に向けて----国連大使への要請を実施

「持続可能な開発目標・SDGs」(Sustainable Development Goals)というものをご存知ですか? これは、2000年に国連で採択された「ミレニアム開発目標・MDGs」に続き、2...

2014.04.09

海外こども支援

パンを待つ子どもたち―インド・サールナートに生きる―

◆広がる貧富の格差 サールナート(鹿野苑)は、お釈迦さまが初めてお弟子さんに教えを説いた「初転法輪」の地です。仏教のサンガ(僧伽・集団)が初めて誕生した場所でもあります。今では日本をはじめ、スリランカ...

2009.04.19

海外こども支援

子どもの笑顔と出会う旅 インドの支援現場を訪問するスタディー...

カルカッタ(CSP) デリー経由でカルカッタに入った私たちは、協働するNGO「カルカッタソーシャルプロジェクト(CSP)」を訪れました。ここはフリースクールや保育所、孤児院・職業訓練など幅広く活動して...

2004.04.03

海外こども支援

タイ・ミャンマー
"いのち"を観じる旅〈いのちの現...

文章・イラスト 三宅千恵  "光り輝く島"――この和訳が表す正にその通りの国、というのがスリランカの第一印象だった。日ざしが眩しくきらめくというだけでなく、スリランカの人々の瞳の奥には光があり、心に光...

2002.02.14~02.21

海外こども支援

タイ・ミャンマー "いのち"を観じる旅<いのちの現場をめぐる...

ボランタス舎代表 渡部美晴 現地の学校でこどもたちと2月14日から21日の7日間、ミャンマーとタイを旅した。現地NGO施設の訪問、交流会、遺跡などの観光。心から「行ってよかった」と思える旅となった。 ...

2016.09.28

災害支援

東日本大震災から5年半―子どもたちの支援のあり方を考える

 東日本大震災から丸5年を迎えました。被災地では、今なお経済的な格差が大きくなっており、学齢期にある子どもたちにも多面的な支援が必要な状況に置かれています。全青協では2012年度より関連2団体と共に、...

2016.09.13

災害支援

石巻 児童クラブの夏まつり2016

◆元気いっぱいの子どもたち 「こんにちは―――!」と、万石浦小学校の体育館に子どもたちの大きな声がひびきわたっています。「きょうはなにするの?」「おぼうさんだー!」......特別な一日に、ドキドキ、...

2016.07.07

災害支援

被災地の子どものこころのケア ―トラウマケアのあり方について...

神仁・久間泰弘  この度、熊本で発生した大地震により犠牲となった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。また、被災した方々が一日も早く平常の生活を送ることができますよう祈念いたします。 被災地では10...

2016.03.11

災害支援

被災地の"いま"を知る―子どもたちの明日のために

◆遠い復興への道のり 死者・行方不明者あわせて1万8000人以上、関連死を含めると2万人以上の犠牲者を出した「あの日」から、丸5年を迎えます。 がれきが積み上がっていた沿岸部の町はすっかり片付けられ、...

2016.02.09

災害支援

被災地の子どもたちへ クリスマス会開催!

すっかり恒例となった、全青協主催・石巻市渡波(わたのは)地区での子どもクリスマス会。今回は、2015年12月25日に開催されました。4回目のクリスマス会を迎えて、震災発生時に幼かった子どもたちも、今や...

災害支援

災害支援

被災地でハーブティーサロンや子ども会を開催!全青協では、国内外の被災された方々、特に子どもを中心として物心両面での支援を行っています。...

2016.09.29

お寺と社会の協働

セルフヘルプ・グループ活動から学ぶこと

5月26日、今年度2回目の「生と死を見つめる集い」が開かれました。今回は大正大学名誉教授で全青協評議員の石川到覚先生をお招きし、「セルフヘルプ・グループ活動から学ぶこと」というテーマでご講演いただきま...

2016.09.29

お寺と社会の協働

生活の中の自分

7月7日、今年度3回目の「寺子屋ふぁみりあ」が開催されました。今回は、NPO法人「くだかけ会」主催の和田重良先生をお迎えし、「生活の中の自分」というテーマでご講演いただきました。和田先生は、山の中でひ...

2016.09.29

お寺と社会の協働

ひきこもり問題の解決に向けて~困難事例への対処~

6月2日の寺子屋ふぁみりあは、ひきこもり訪問サポート士でフリーライターの石川清さんをお招きし、「ひきこもり問題の解決に向けて~困難事例への対処~」というタイトルでご講演いただきました。 日本とアジアの...

2016.07.21

お寺と社会の協働

本当のしあわせ

 5月12日より今年度の「寺子屋ふぁみりあ」が始まりました。初回は浄土真宗本願寺派布教使にして「自死・自殺に向き合う僧侶の会」元代表の柳川眞理子先生をお迎えしました柳川先生は僧侶でありながら、二人のお...

2016.07.21

お寺と社会の協働

インドの死生観&日本人の往生

 新しい年度が始まり、4月21日には今年度初めての「生と死を見つめる集い」が開催されました。昨年度より始まった「生と死を見つめる集い」も、二年目を迎え、「いのちの終活講座」というサブタイトルを加え、新...

2016.03.18

お寺と社会の協働

生活困窮者の看取りから見えてくるもの

 2月18日、今年度最後の「生と死を見つめる集い」が開催されました。今回は、臨床仏教研究所研究員・大正大学非常勤講師の吉水岳彦師が、「生活困窮者の看取りから見えてくるもの」というテーマで講演しました。...

2013.04.22

その他

宗教の時間

『宗教の時間』は、本会の創設者でもある故正力松太郎氏・読売新聞社社主が、仏教精神の伝播を願って発案され、日本テレビ・読売テレビが約40年間にわたって、自主制作で放映してきた番組です。...

2011.06.01

その他

現代名僧墨蹟展 於福島

福島市にて「現代名僧墨蹟展」を開催しました。 東日本大震災によって福島県は甚大な人的・物的被害を受けました。 そして、福島第一原子力発電所の事故により、放射性物質が拡散し、特に福島県内の各地で高い数値...

2007.10.22

その他

自殺問題について考えるシンポジウム -日本におけるEngag...

"生きたい... でも生きられない" その思いに、仏教者はどう応えるか? 10月22日、横浜市神奈川区の孝道山大黒堂会館で、自殺について考えるシンポジウムが開催された。このシンポジウムは、「日本におけ...