ぴっぱら

『ぴっぱら』は、会員向けの機関誌と施本をかねた雑誌です。A5版32ページと手軽な仕様で、子どもから大人まで幅広い世代にお読みいただける内容となっています。子どもとお寺の為の情報が充実しています。

・年6回(隔月発行)
・定価1冊110円(会員価100円・30冊以上は1冊80円/税込・送料実費)
・お寺さんのお施本や幼稚園・保育園、教育機関の教化資料としてもご利用いただけます。
・誌代は各種会員会費および教団拠出金に含まれています。

機関誌の主な内容

□「如是仏観 ―ほとけさまのまなざしで―」
身近な話題を題材としながら、仏教的な視点を交えて、仏教界の有識者4人が日々の生き方について考えます。
 
□「特集」
青少年に関する時事問題について、各界の第一人者にご執筆いただいたり、当事者の生の声を掲載していきます。
 
□「今日もはぁとふる」
臂美恵(ひじ みえ)氏の親しみやすいイラストに、ほっとするひとことを添えてお送りします。
 
□「水島広子のこころのクリニック」
対人関係療法(IPT)の第一人者である、精神科医の水島広子先生に、思春期特有の心理や精神疾患などについてQ&A形式で解説していただきます。
 
□「教界散歩」
仏教界の中で、子どもたちのために活動している寺院や人々がいます。彼らの活動や思いの一端をのぞいてください。
 
特集
「教界散歩」の内容は、「仏教者の活動一覧」でお読みいただけます。
教材・刊行物のご注文はこちら

バックナンバー