正力松太郎賞

2017.09.12

第42回正力松太郎賞

趣旨

正力松太郎賞は、全青協の事業目的である青少幼年の育成活動に常日ごろ尽力し、社会の情操教育振興に努力している個人・団体を顕彰するために贈られます。

この表彰は、青少年教化活動を飛躍的に発展前進させるうえにも、また故正力松太郎氏や仏教界の念願を広く社会に生かすためにも、極めて意義深いものであります。

 

主催

公益財団法人  全国青少年教化協議会

後援

読売新聞社

日本テレビ放送網株式会社

株式会社よみうりランド

 

賞金総額

本賞:100万円

表彰対象

本賞:仏教精神にもとづき、長年にわたって青少幼年の宗教情操教化活動振興に顕著な業績をあげ、今後も活躍が期待される以下の個人または団体。

①日曜学校、子ども会など寺院における青少幼年を対象とした各種の集い、その他の活動を行っているもの。

②文学、音楽、美術、演劇、スポーツ、福祉、国際交流、環境問題などの文化・社会活動を行っているもの。

 

推薦

①全青協加盟教団、府県地区青少年教化協議会、全青協関係者などのほか、一般からの推薦、自薦も受け付けます。

②全青協は、必要と思われる場合には関係機関および団体にその推薦を求めることがあります。

応募手続

規定の用紙(ページ最下部に応募用紙PDFがございます)に所定の事項を記入して、締め切り日までに全青協事務局内「正力松太郎賞」選考委員会あてに送付してください。

※業績を審査するうえで参考となる資料(写真、新聞記事、テープ、CD、DVD、ビデオ、出版物等)があれば添付してください。

締め切り

平成29年12月15日(必着)

選考方法

選考委員会により審査決定します。

発表

平成30年4月、読売新聞紙上その他で行う予定です。

表彰

平成30年6月、東京都内で行う予定です。

応募フォーム

推薦書(個人)    推薦書(団体)

※推薦書は右クリックで保存していただいた上で、ご入力ください。

第41回正力松太郎賞の受賞者が決定いたしました!!
前のページヘ 活動しようのトップへ