お寺と社会の協働

2019.10.03

地域社会の安全安心を考えるフォーラムin川崎

 本年5月28日に川崎市の登戸で発生した殺傷事件から間もなく半年を迎える。
 事件は子どもの命を狙った無差別殺傷事件であり、事件後に自ら命を絶った当時51歳の犯人は長年にわたりひきこもり傾向にあったことが指摘されている。
 本フォーラムでは、就職氷河期世代を中心とするひきこもりの問題に対する現状を知り支援のあり方を考えるとともに、地域社会の中で安心安全を担保し、子どもをはじめすべての人びとが健やかに生きることのできる「つながり社会」の再構築へ向けて議論を進めたい。

日 時: 2019年11月16日(土)13:00~16:00

会 場: 川崎市多摩市民会館(川崎市多摩区登戸1775-1)

内 容: 13:00~14:20 第一部 パネルディスカッション
     14:30~16:00 第二部 グループトーク・シェアリング

パネリスト: 多摩区PTA代表者、川崎市関係者(精神保健福祉センター)他

コーディネーター: 神 仁(全国青少年教化協議会常任理事、東京慈恵医科大学講師)

定 員: 先着50名様(要事前予約)

参加費: 無料

申込み: 「地域社会の安全安心を考えるフォーラムin川崎」実行委員会事務局 
      FAX 044-966-9699

お問い合わせ:株式会社よみうりランド内「地域社会の安全安心を考えるフォーラムin川崎」実行委員会事務局
       〒206-8655 東京都稲城市矢野口4015-1
       TEL 044-966-1131(平日10:00~17:00)
       FAX 044-966-9699

主 催: 「地域社会の安全安心を考えるフォーラムin川崎」実行委員会
     (多摩区PTA協議会/公益財団法人全国青少年教化協議会/株式会社よみうりランド)

後 援: 神奈川県/川崎市/川崎市PTA連絡協議会


201911kawasaki.jpg

ダミー(消さないで下さい)
前のページヘ 活動しようのトップへ